2012年09月17日

●定休日は幻のお蕎麦を訪ねて●はしば食堂(長野県:富倉地区)

秘境度なら日本で1、2を誇るかもな蕎麦集落へ

P1010873

蕎麦粉の味を損なわないと言われる
ヤマゴボウの一種「オヤマボクチ」の繊維質で繋いだお蕎麦で知られる
飯山市の山あいの集落富倉地区にありますはしば食堂さんの
おばぁちゃんのお蕎麦と笑顔に会いたくて6年振りに再訪しました



玄関入れば隠し窓みたいなスペースから

"◎△!☆★”

って温かい方言でおばぁちゃんのお出迎えコール


店内って言うか、田舎の親戚の家の座敷に迎えられたかのような佇まいには
未だお昼には早いのに先客さんで大賑わい

P1010876

実は開業して10年チョッと
集落でも蕎麦打ち自慢のおばぁちゃんが、廻りから薦められて開いたお店



ちょうど座った席の横に

P1010877

発刊間もない「自遊人」の特集で緒方拳さんが訪れた際のサインに感激☆


そして相も変らぬメニュー表にも感激☆

P1010880



座ると出て来るのは「おかず」との名前のいわゆるお通し

P1010878

これ全部で200円(*^_^*)




お蕎麦と一緒に食べるのは、はしば食堂さんのこれまた名物の笹ずし600円

P1010879

”東京からまた来なすったのけぇ”


真っ赤なエプロンが良く似合う、くしゃくしゃ笑顔の名物おばあちゃんに
そんな感じの言葉付で手運びされちゃったもんだから
もうとにかく美味しい♪甘めのチラシ寿司チックな酢飯ご飯



全部食べ終わらない内に登場は、お待ちかねの富倉そば(^o^)/

P1010882

オヤマボクチ蕎麦特有のヌメヌメ感が目から伝わるだけでまたまた感激!

”最近色んなとこで真似してるみてぇだけど、まぁこうはいかないみてぇだなぁ”


緒方拳さん訪問時に抱きつかんばかりにしがみついてたおばぁちゃん

どこかの本で
「普段そば食べねぇけど、駅の立ち食いソバの天ソバは好きだな」
って言ってたおばぁちゃん

もう面倒だから最近は全部取材断ってるおばぁちゃん


次のお客さん来るまでのひと時の間
おばぁちゃんワールドに染まってまさに至福のひと時堪能


外食って何より笑顔と雰囲気、改めて実感なしょうが焼きです

はしば食堂そば(蕎麦) / 飯山市その他)
 (*師匠のちゃんとした記事はコチラ



さてお蕎麦の後は、師匠の真似して近くの温泉へ


P1010890

眺めの良さはこれまた日本でも1,2を争う絶景温泉へ


P1010893

同じく長野県は木島平にあります馬曲(まぐせ)温泉



絶景の野天風呂でまったりした後は
深山の風に吹かれながら、お休み処の縁台でゴロゴロなしょうが焼きでした

P1010897


トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
いらっしゃいませ
メニューはひとつですが
ごゆっくりお楽しみください
週末祝祭日は定休日(^o^)
月別しょうが焼き
しょうが焼きタレコミ先
shogayakiginger@gmail.com
 お待ちしています(^o^)/
巡回しょうが焼き